織田信長のすごいところ10選!信長を知らない方にも簡単に紹介

信長のすごいところを10個紹介します。 織田家
スポンサーリンク

織田信長のすごいところ、皆さんはどれくらい知っていますでしょうか?

おそらくここにたどり着いた方ならば信長の名前は知っているものの、どんなことをした人なのか?何がすごい人なのか?わからないという方なんじゃないかな~と思います。(^^;)

信長のすごい所なんて、無限大にあるのですが、今回は私が厳選して特に知ってもらいたいものを10個用意しました。

良かったら見ていってくださいね!

スポンサーリンク

織田信長のすごいところ10選!

桶狭間の戦い

最初は桶狭間の戦いでの織田信長のすごいところです。

信長は約2500の兵で今川義元率いる25000もの兵力に見事勝利を収めました。勝利した理由としては「今川義元が大軍を率いていたため負けるわけがないと油断していた」「雨が降って奇襲作戦に成功しやすい状況にあった」等いろいろあるとは思いますが、最も大きな勝因は直前まで味方にも奇襲作戦を知らせていなかったことにあるでしょう。

味方の中にも敵兵のスパイが紛れ込んでいる可能性もありますからね。

それを読んだ信長の作戦、たった数千の兵で大軍を相手に勝利したこと。どれをとっても信長のすごさが出ていますよね☻

楽市楽座

当時、食料(米)が重要だと考えられていた時代だったのですが、信長は早くから金銭が国をまとめるためにも戦をするためにも重要になってくると踏んでいました。

そこで特権的な商人グループ(座)を廃止し、だれでも自由に売買ができるようにし関所を撤廃して他国からの品物の行き来も盛んにさせ国を豊かにしていったのです。

兵農分離

戦国時代をよく知らない人からすれば、戦いは武士がするもの!と考えられがちですが、実はそうではありません。

農民も実は戦に参加していたのです。

そこで信長が実施したのが兵農分離。戦だけをするものと、農業だけをするものにわけ最強の部隊を作り上げました。

戦をする際の用意の周到さ

信長は桶狭間の戦いでこそ勝てるかどうかわからない戦に臨んでいますがそれ以降の戦では勝てない戦はしてきませんでした。

相手よりも多くの兵を集め多くの武器を集める。

こうして絶対に勝てるような状況を作ってから勝負に挑んだのです!

長篠の戦い

戦国最強の騎馬隊を持つ武田家。

その騎馬隊の強さは若い時代の徳川家康の軍隊を木端微塵に蹴散らすほどでした。💦

信長はこの騎馬隊に対抗するため3000もの鉄砲をかき集め武田騎馬隊に挑みます。

長篠の戦いではこの3000丁の鉄砲が実際に使われました。

これほどの量を使われた戦は当時としては前代未聞だったのです。

そして見事鉄砲をうまく駆使した信長は武田騎馬軍を木端微塵にしてしまうのでした。

すご過ぎる…(^^;)

安土城築城

安土城を滋賀県にある安土山すべてを城郭にした作られた城です。そして、日本で最初に天守(城の中央にあるやぐら)をもつ城でもありました。

これだけでも十分すごいのですが、天守の大きさは地下1階地上6階建て、32メートルほどの大きさを持っていたのです。

さらに言うと安土城は戦うための城ではなくなんと自分の力を見せつけるために作った城でもあります。

信長の家でもあった安土城。その規模は当時ではとてつもないものだったんですよね~☻

仏や神を信じぬ心

信長は仏や神を信じるような性格をしていませんでした。(^^;)

その証拠に気に入らない仏像は容赦なく真っ二つに切り裂いていたというのです。

さらに、当時仏教最高勢力であった比叡山延暦寺が自分に逆らったため、信長は治外法権の地で神聖な場所とされていた比叡山延暦寺を焼き討ちにしてしまいます。

すごいところというか、恐ろしい所と言うか…💦

行動力

信長の行動力はとても凄まじいものでした。

例えば、足利15代将軍足利義昭を将軍にするために京都へ上洛した際、信長は上洛の話が決まってからわずか数日で数万もの兵で上洛を実行しています。

それ以前に一度義昭は朝倉家に上洛の助けを求めていたのですが、何年たっても朝倉家は行動しませんでした。

行動力のすごさは段違いですよね。☻

官位を断る

行動力の話につながるのですが、上洛し、将軍になるのを助けてくれた信長に、義昭は信長の事を「お父さん」と敬い副将軍の官位を与えようとします。

副将軍といえば、かなりの地位を得られるはず、尾張の一小国の大名であった信長にはとても有益なものだといえるでしょうが、それを信長は断ったのです。

理由としては信長が天下統一の夢を持っていたから。信長は副将軍の地位で収まるような器では無かったという事です。☻

強運

信長は実は強運の持ち主でもありました(笑)

武田信玄が信長の領土をいざ攻め込もうとした際直前で病気で亡くなってピンチは免れていますし、上杉謙信に柴田勝家が率いていた織田軍が大敗した後上杉謙信も病気で亡くなっているのです。

どちらも信長に匹敵する武将あったうえに、信長は当時他にも敵に囲まれていたため攻め込まれればひとたまりもなかった状況だったのですが、二人とも病死したことで戦わずに済み見事助かったんですよね。☻

運も実力の内。この強運も信長のすごさといっていいでしょう(笑)

まとめ

以上、信長のすごいところ10選でした!

織田信長の事を知らない方のにすごさが伝わっていれば幸いです☻

 

タイトルとURLをコピーしました